ムラドプッタコイタ

~Mrad put A Coyta~



「和太鼓」×「タップ」×「ドラム」 
異色のトリオが放つ究極の三連「打」! 
It is the formation of drums and tapdance and Japanese drums "
It is the Unusual combination.

Member's Profile

 Since 2017.

N.Y.仕込みのタップダンサー・丹精の

全身をバネに唄うリズム、

神戸の和太鼓打ち・恵風の

身体の奥に響く力強い音、

大阪出身の変幻自在ドラム・基容貴の

弾ける多彩な音。

三者三様が紡ぎ出す珠玉のハーモニー。

情熱の打楽器エンターテイメント集団

ムラドプッタコイタ 

Mrad put A coyta

<Mrad>

基容貴(Kiyotaka) ~Drums~

 

大阪府出身。15歳でドラムを始める。

関西の音楽専門学校に入学。

卒業後、関西でライブやレコーディングに参加しながら山北弘一氏にモーラー奏法を学ぶ。その後上京し、岩瀬立飛氏に師事。また、同時にK's MUSICに入校し、さらに、人体力学奏法(モーラー奏法)を学ぶ。

近年では、複数のインストバンドに抜擢され、

関東を中心にライブやレコーディングに参加、

スタジオミュージシャンとしての活動の幅も広げ、そのリズムの正確さと瞬発力には定評がある。

<Put a>

丹精 (TANSEI) ~Tap Dancer~

 

九州に生まれ東京で育つ。

幼い頃から音楽に踊ることを喜びとし、高校時代は和太鼓に傾倒。
20代前半に訪れたNYでTap Danceに衝撃を受け、以後現地のBroadway Dance Centerなどで1年半、数々の一流ダンサーに学ぶ。

帰国後東京を基点にLIVEにこだわりJazzをベースに多様なジャンルの音楽・アートとのセッションを展開。
数多の一流ミュージシャンとの即興が魅力の"丹精ssion"、

CDを出したばかりのツインギターとパーカッションとのバンド「東京鮮烈sess!on」、

そして当バンドに加え様々なレコーディング、イベント等国内外で活動を見せている。
ユニークでスタイリッシュ、音楽としてのTapを目指す。
facebook.instagram にてオフィシャルページ有り。

<Coyta>

恵風(KEIFU) ~Japanese Drums~

 

1989年神戸生まれ。高校の部活動で和太鼓に出会い、2008年よりプロの演奏活動を開始。
2012年より和太鼓奏者の木村優一に師事。
他ジャンル、他楽器、ダンス、映像等とのコラボレーションなどの活動を展開しつつ、

和太鼓の新しい可能性を求め続け,日本のみならず、海外でも活動の幅を広げている。

アジアを代表する国際デザインアワード”K-DESIGN AWARD2017"において、映像作品でブロンズ賞を受賞。

http://keifu-web.com/